FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

二人でいても、ひろはキョロキョロと落ち着かない。
地元で知られた顔のひろは行く先々で誰かに呼び止められ、
また、自ら誰かを呼び止めて挨拶をする。

遠くに知った顔が居れば、たちまちソワソワとし
「あいつはさぁ・・・」
と、姫がさして興味もないことを話す。

おまけに、そういう時は決まって姫の話を聞いていない。
上の空のひろには、いつもいつも頭に来ている。


ここのところひろに対して強気でいられるのをいいことに、
思い切って言ってみた。
「あのさぁ、姫と一緒にいる時は姫のことだけ見て!
姫のことだけ考えて!姫の言葉にだけ耳を傾けて!」

「ハイッ!」


何度も何度もそう言っているのに、今日もまた
ひろは落ち着かない。
ランチ後のコーヒータイムでは、すぐ隣のテーブルに座った
派手な女性に視線を移す。

「姫のことだけ見て、姫のことだけ考えて、姫の言葉にだけ耳を傾けるの!!」

「ハイッ!」

「そんなにキョロキョロして、まだ恋でもする気?」


夕方、待ち合わせたデパ地下では、指定の場所にひろは見えず
姫がキョロキョロ探す羽目に。
少し離れたショップの店員(女性)と話している。

ようやく目が合い、近づいてきたひろに言った。
「約束場所はここでしょ?ということはここで姫を待ってなきゃいけないでしょ。
なのに、フラフラあっちに、フラフラこっちに・・・」

「声掛けられちゃったから。」

「姫優先でしょ。」

「はい!もうどこも見ない。」
そう言いながら、ひろは目の横に手の平を当てて視野を狭めた。

「そう、それでいいの!」

「君のことだけ見て、君のことだけ考えて、君のことだけ聞いてればいいの!」
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/145-14dc6c07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック