FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

前々から思っているのだけれど・・・

時々ひろは、姫が聞きたくないことを言う。平気で。


ひろは現在は独身だけれど、これまで2回結婚をしている。
一回目の結婚がどのくらいの期間続いたか
はっきり聞いたことはない。だけど、たぶん短期間だと推察される。
二回目の結婚はひろ30代後半の頃。
その結婚で子供を二人もうけた。
その子供たちは今、23歳だと思う。

二回目の奥さんのことは少なからず姫の耳にも入ってくる。
けれど、知る必要もないし、知りたくもないので
あまり気に留めていない。
それに、正直、全然良い印象を持っていない。

子供たち高校入学の直前に離婚をしたのだが、
離婚をして初めて、ひろはひろ名義の借金があることを知った。
何にそんなに・・・と思える億にも届くほどの額だ。

だから今も、ひろはその借金を返済中だ。

その二回目の奥さんのことを「元奥さん」と
ひろは表現する。
その表現がすごく嫌いだ。
表現というより、ひろの口からその人のことを
聞きたくない。
それほど忌々しい。


昨日、ちょっとした話から
「子供たちが小さい時に・・・」とひろが話し始め、
「その時、奥さんがさぁ・・・」と続けた。

「ふーん」
と、気のない受け応えをしたけれど、もう、何というか
めちゃくちゃ嫌だった。


ひろはああいう人だから、きっと夫婦間にも
色々なことがあったのだろう。
でも、姫からしたら、吸い尽くすだけ吸い尽くして
「ひろを捨てた女」だとしか思えない。

いや、姫の勝手なイメージで、推測にしか過ぎないけど。

ひろから聞く話や漏れ聞こえる話を繋ぎ合わせても、
ひろが一瞬でも心の底から幸せな結婚生活を送っていたとは思えない。


かつて、姫がひろと知り合った頃、10年ほど前のこと。
ひろはまだ既婚者だった。
ひろは姫を口説きながら、こう言った。
「僕は(僕の)奥さんを愛してるんだ。」

奥さんを愛している人が、他の女性を口説くのか。
ひろのその時の「奥さんを愛してる」は
まるで自分に言い聞かせるかのようだった。

愛してなんかいないのに、そう思い込んで安心したい
そんな気持ちがにじみ出るような「愛してる」だった。


そういうわけで、そんな話は聞きたくないのだ。



(でも、「そんな話しないで」って、言えないんだよなぁ・・・)

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/136-97c04837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック