FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

車をUターンさせ、ひろのお店に向かった。
途中、ひろの好きなケーキ屋さんで
ひろの好きなロールケーキとシュークリームを買って。

お店に入ると、カウンターの一番端の席で足を投げ出し
iPadで映画を観るひろがいた。

「『よろしくどうぞ』のおじさん!こんにちは~」

ケーキの箱を差し出すと、満面の笑みのひろ。
「え、あそこの?買って来てくれたの?」

「どうぞ、召し上がれ。」

「嬉しい・・・」

「どっちが?ケーキが?姫が来たことが?」

「君が来てくれたことに決まってる。」

「何か言うことないんですか?」

「ごめんなさい。」

「何について?」

「ひどいこと言ったこと。」

「反省してる?」

「してる。ずっと考えてた。あんな言い方すること
ないじゃないか、って自分を責めた。あいつは、
あんなに僕のこと一生懸命してくれてるのに、って」

「ほんと?」

「ほんと。ごめんね。僕イライラしてたの。」

「もう、意地悪な言い方しないでね。」

「うん。」

「姫がうるさいからしょうがなく言ってるだけ?」

「違うよ。」

「ヘルパーさんに逃げられちゃ困るから?」

「もう許してください・・・」


シュンとなるひろの頭をそっと包んで撫でると、
ひろは遠慮がちに姫の唇にそっと唇を寄せた。


「来てくれてありがと。それに・・・
君からメールしてくれてきっかけも作ってくれて
本当にありがとう。君には感謝してる。
僕は君のことが大好きなんだ。だから甘えちゃうんだよ。」
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/126-5e33b9c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック