FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

ここしばらく、10日ほどだろうか・・・
ここには全てを記してはいないけれど、
ひろとずっと綱渡り状態にあった。

と、言っても、姫が勝手に綱を渡っているだけで
ひろには大してその自覚はない。
自覚があるとすれば、いつまでも落ち着かない
体調のことくらいか。

で、昨夜、とうとうその綱から落ちた。

昼間から予兆があったことは前の記事で
記したとおり。

昨夜は、だからこそひろのほうから電話を
かけてきてほしかった。
なのに、深夜0時を過ぎても電話はなく、
姫のほうからかけた。

今、お店を終わったばかりというひろは
ことのほか疲れていた。
1分もしないうちに
「じゃあね。」と言うので、
寂しさに耐えきれなかった姫はつい
「やだやだ・・・」と口にした。

「じゃあ、君が何かしゃべって。」

「ひろがしゃべって。」

「今日の晩御飯はどうしたの?」
けれど、あとの会話が続かない。

「もう疲れた。今日は寝る。じゃあね。
また明日電話するから。」

「やだやだやだ・・・」

「オヤスミって言って。」

「言わない。」

「言って。じゃないと切るよ。」

「やだやだ・・・」

「おやすみ。じゃあね。」

「やだ~」

「・・・もうやめて!請求書書いたり
やらなきゃいけないことがいっぱいあるんだ。
じゃあね。」


そして電話は切れた。
最後の「もうやめて!」には
不機嫌さがあらわになっていた。


電話が切れた瞬間、涙がドッとあふれた。
何てことをしちゃったんだろうという後悔の思いと
そうではない悔しい思いが交錯していた。

そのあと、色々なことを考えて嫌な夢を見ては
目が覚め、目が覚めるたびに、
「あ~、ひろを怒らせちゃった・・・」
と実感した。


今朝、考えて考えてひろにメールした。
『昨日は悲しかった。ひろも優しくないし
姫も優しくすることができない。そんな状態で
会うのはやめたほうがいいね。電話もいらない。
メールも。返事もしなくていい。』


『お大事に』と、最後に付け加えようと思ったが、
嫌味にしか取れないのでやめておいた。


こうして思い返して書いていても、
姫は何てワガママだろうと思う。
けれども、姫だってずっとずっと
色々なことを我慢してきているのだ。


でも・・・・
ひろが体も心も弱っているんだから。
そう納得しようとしても、つい
自分のワガママな気持ちを抑えることができないでいる。

だからこそ、こんな時にひろには会えない。
会いたいけれど、余計にひろを困らせるだけだから。


今も何度もひろに電話をしようと思ったけれど
やめておいた。


ひろも同じ気持ちかなぁ・・・と思って
仕事に集中するようにしている。
いつもいつも回りくどいことしてるよね、私。

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://donnahime.blog.fc2.com/tb.php/124-74eadb9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック