FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

もう、どれだけ考えても答えは出ない。
答えは出ないのに、また考える。
それで、考えて、考えて、辛くなる。
苦しくて、切なくて、心が痛む。

来春、Nちゃんの息子が高校を卒業する。
進学はせずに、Nちゃんと同じ道に進むべく、
今、試験を受けているそうだ。

となると、Nちゃんは奥さんと二人になる。
以前、
「子供が成人するまでは親の責任を
果たさなきゃいけないと思ってる」
と言っていた。

私には
「いつか一緒になろう」と。

ある時、それはいつかと、詰め寄ると、
「オレが定年になったら」
と答えた。

Nちゃんの定年は54歳。
あと4年だ。

が、数週間前、Nちゃんが唐突に言った。
「定年が延びるかもしれないんだ…」

聞けば、新しい方針が出されそうで、
そうなると、54歳の定年が1年延びて
55歳になるという。

「嫌なの?」
と尋ねると、
「嫌だよ、、、これでやっと終わりかと
思ってたのにさ。ガッカリだよ。」と。


そして、つい先日、ふとしたきっかけで、
私は深く詰め寄った。
「離婚する気はありますか?
あるとしたら、それはいつですか?」と。

Nちゃんはこう答えた。
「オレの定年のタイミングだと思ってる。」

それ以上は聞けなかった。
でも、聞くべきだった。

「それは、奥さんもそのつもりはあるのかな?」
と。

離婚は一人で勝手にできるものではない。
突然できるものでもなく、
心積もりも、物理的な準備もあるだろう。

今は社宅に住んでいるので、
定年とともに、そこを出るわけで、
それは、新しい生活をするのに、
ちょうど良いタイミングだとは思う。

が、離婚に向けて、
相手がどういうスタンスなのか、
それをちゃんと把握してるのだろうか。

定年とともに、離婚をし、
慰謝料が何かの名目で退職金を半分渡す、
それが、綺麗な別れ方なのかもしれない。

けれど、そんなに物事はうまく行くだろうか。


定年が延びたとして、あと5年。
私は待てるだろうか。
待つのだろうか。

Nちゃんに執着せずに、
新しい出会いを見つけようか、そして、
私をさらってもらおうか。
そう、何度考えたことだろう。

5年待って、果たして、
私に幸せがやってくるかどうかなど、
誰にも分からない。

なら、今すぐ手に入る幸せを掴みにいこうか。
そう、何度考えただろう。

でも、Nちゃんを諦められない。
手離せない。
そう思うと、愛おしさが込み上げる。
それが執着心なのかもしれないが。

私はどう選択して、
どう生きていけばいいのか。
私に穏やかな幸せは訪れるのか。

考えても考えても、やっぱり答えは出ない。




スポンサーサイト



長く更新せずにいた。
忙しかったのもあるし、
書く気分になれなかったのもある。

Nちゃんとは、変わらず今も続いている。
行き違いや、すれ違いは大小あったけれど。

私は離婚をして一年半が過ぎた。
元夫は同じ屋根の下にいるけれど、
ほぼ顔を合わせないし、言葉も交わさない。

長男は北陸に。
次男は全寮制の学校にいるので、
週末にしか帰ってこない。
が、その次男も、来春からアメリカに行く。
2年ほど帰ってこないので、
いよいよ、私は独りぼっちだ。

周りの状況や環境は変わるのに、
私とNちゃんの関係はこれっぽっちも
変わらない。

そのことが、どんどん現実になって。
苦しくて苦しくてたまらない。

だから、ずっと書けずにいた。