FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

ここしばらく仕事が立て込んで心にも時間にも
余裕がない。
色々なエピソードがあるのに、
書きそびれてしまった・・・


Nちゃんとは変わらず日々を過ごしている。
少しのいざこざやすれ違いはあるけれど、
それは全て、Nちゃんの優しさと寛容さによって
解決している。

毎週末は必ず、デートをし、平日の夜も、
「会いたい」と言えば、
Nちゃんに予定がない限り、
お茶して数時間を過ごすこともあるし、
仕事終わりの帰るコールで
「姫ちゃんは仕事まだ終わらない?
今夜お茶する?」と、
彼のほうから言ってくれることもある。

今年の春に、私が離婚をしたのに加えて、
息子たちが学生生活のために家を出たので、
平日は私が一人で居ることに気遣ってくれて
いるのだと思う。

つい先日の週末、夏休み中の息子たちを連れて、
私は一泊の旅行に出かけた。
だから、Nちゃんとは久しぶりに会えなくて。

その旅行の計画を立てた後に、
Nちゃんは長い出張の予定が入った。
それがなんと、明日から来週の木曜日まで。
つまり、今週末も会えなくなる。

先週末は私の都合で、今週末は彼の出張で。
2週間以上会わないのは付き合って初めてのこと。

「そっか、、来週も再来週 も会えないのかぁ。」
私がそう言うと、
「遊びに行くわけじゃない、仕事なんだから。
そういうこともあるさ。」
と、クールに言った。


以前なら、仕方がないことに、私はいつまでも
膨れっ面をしたことだろう。
けれど、今は、額面どおり「仕方がないこと」と、
すんなり受け入れられる。

そのことに、私は自分自身でびっくりしている。
2週間以上も会えないのに、心が穏やかなのだ。
もちろん、仕事なんだから、膨れっ面なんて
なんの意味もないことだけれど、
心が穏やかで、悲しくもならないのは、きっと、
Nちゃんが私を大事にしてくれているからだ。

毎週時間をとって、私に応えてくれる。
気持ちをきちんと伝え、受け取ってくれる。
そんなことを日々欠かさずしてくれるから、
私は心穏やかなんじゃないかと思う。

先週半ばだったか、夕方、仕事終わりの時間で
ふいにNちゃんから電話がかかってきた。
「姫ちゃん、お疲れさま。
仕事終わって今から帰るよ。」

「どうしたの?電話珍しい・・・」

「そんなことないよ。いつも電話してるよ。」

「全然・・・」

「いつもしてるし。」

夕方、帰るコールがあった時期もある。
けれど、去年は私の通勤は長男の予備校通いを
兼ねていたので、帰るコールは難しかった。
(私の助手席に長男がいるので)

だからいつの間にか、帰るコールは消滅したし、
おやすみの電話も週に一、二度。
それが普通になっていた。

そうしたら、その夜はおやすみの電話もあった。
「姫ちゃん、おやすみ」

「うふふ・・・」

「何で笑うの?」

「え?おやすみの電話もしてくれたから。」

「いつもしてるよ。」

「してないよ~。履歴見る?」

「何、履歴って?」

「んもうっ・・まぁ、いいけど」


それから、毎日、電話がある。
帰るコールは時々、おやすみは毎晩。

「Nちゃんはほんと、負けず嫌いだね。
すぐムキになるんだから」

「なんのこと?」


だから、きっと、明日から10日間の出張も
Nちゃんから毎日電話がかかってくるだろう。
そして、私は
Nちゃんを近くに感じることができるだろう。


Nちゃんと居るようになってもうすぐ3年。
3年かけてこの関係が作られてきたんだなと思う。


スポンサーサイト