FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

それは、どこにあるのか。


みんな、帰るべき場所を持っているのだろうか。
それは、帰りたい場所?
それとも、帰らなきゃいけない場所?


私が帰るべき場所は、どこだろう。
帰りたい場所は、どこだろう。


どうして、私はいつもいつも
何かを壊してしまうのだろう。
壊したくないものまで、壊しちゃうのだろう。



消えたいよ。
スポンサーサイト



病院に行き、午後の仕事に入る前の息抜きを兼ねて
ひろとランチした。

お店は混み合っていて、入り口前で待たされ座っていた時に
それは起こった。

ひろと居ると、良くあることだけれど、
今日は、特別、姫も神経質になっていたのだと思う。


首の冷えがひどく、ひろに手を置いてもらい
温めてもらっていた。
目の前を年配の男女が通り過ぎ、ひろが呟いた。
「○○だ・・・僕に気付いたかな・・・挨拶したほういいかな。」


カチンときた。
「ねぇ、今、姫と居るんだよね。姫と居る時は、姫のことだけ見て、
姫の言葉にだけ耳を傾けてって言ってるじゃない!!」

ひろはいつもそうだ。
はっきりしない態度を取るのが嫌だ。

「僕にも付き合いがあるから。」

「そんなこと、言ってる訳じゃない。
そうじゃなくて、挨拶したほうがいいと思えば、姫にお伺いを立てる前に
すかさず立って挨拶すべき。
そんなひろの腕を掴んだまま離さないままでいるなんて、
姫はバカじゃない。そんなことちゃんと空気を読む。
それに、挨拶せずに知らぬ振りをすることだって、お付き合いの
大事な振る舞いなんじゃないの?
ホテル(ちょうど、そこはホテルのレストランだった)や、
病院、駅や、新幹線の中・・・声を掛けるべきじゃない場所が
あるでしょ?
ここがオフィシャルなパーティの場だったら、積極的に声を
掛けるべきだと思う。
でも、声を掛けないのが大人のマナーである時もあるでしょ?
それを、後になって、『あいつは、あそこに居た』だとか、
『俺を、私を無視した』とか言う人はマナーがなっていない人だよ!!!
姫はひろと居る時に挨拶すべき人が居たら、躊躇せず立って挨拶するよ。
ちゃんと空気を読んで・・・。」

一気にまくし立てると涙がこぼれた。

「そういうの、すごく腹が立つんだよ。
イライラさせないで。姫はそういうのすごく嫌い。」
それを『僕にも付き合いがあるんだ』なんて、
そんなの分かってるし、そんなこと言ってるんじゃない!!!
それを『僕にも付き合いがあるんだ』っ言うひろは愚の骨頂だよ。」
姫は続けた。



ひろは分かってくれたのか、どうなのか
「そうだね、その通りだ。ごめんね。イライラさせちゃって」
と言った。



「ごめんね」って言ったのは、
姫が「『ごめんね』って言ってって、言ったから・・・



こんなこと、今に始まったことじゃないけれど、
ここまではっきり言ったのは初めてだ。




今日、病院に行った。

体調が著しく悪いのと、仕事が一段落したからだ。



「あれ、血圧が高いね・・・」
十年来のかかりつけ医が言った。

姫はここしばらくの自覚症状を話した。
手足が異常に冷えること、夜中に動悸で目が覚めること、
不眠気味なこと、舌や唇が痺れていること。


「血圧が高いと末端の血管が収縮するから痺れと冷えが起きるんです。」
先生が姫の手の指先の冷えを確認しながら言った。


そして、血圧を下げる薬と、精神安定剤、睡眠導入剤が
処方された。

「過労とストレスでしょう」
とのこと。


姫は仕事をしばらくセーブするつもりであることを告げた。
姫は色々なことをひろに求め過ぎなのか。


求め過ぎているつもりは毛頭ないのに。



姫は疲れた。
ひろだって、すっかり疲れているに違いない。


ひろにその器がないのか、姫が求め過ぎなのか、
それとも、二人の相性が元々悪いのか。


どんどん分からなくなっている。
今週の月曜日、大きな仕事を片付け終わり、
一旦の区切りが出来たものの・・・
それはイレギュラーの仕事のことであって、レギュラーの仕事は
今も継続している。

かれこれ一か月ほど休みがなく、心身のキャパシティーを
越えていた。

この一か月の疲労は深刻で、ひどく苦痛だ。
不眠は昨秋から続いていて、眠剤が手放せない。
血流が滞っていて首凝り肩凝りが半端なく、
そのせいで、指先、足先に血が通わず冷たい。

これまで冷え性に悩まされたことはないのに。

冷えだけでなく、痺れも伴っている。
ストレスなのか、何かの病気なのか分からない。
頭皮も痛い。

3年ほど前から血圧が高めなのに加えて、
血流が滞っているせいだろうか、ベッドに横たわると
動悸が激しいのに気付く。

夜中、目が覚めると
誰かが胸の上に乗っているかと思うくらい
重苦しくて、死ぬかと思うくらいだ。

数日前も、夜中に目が覚めて、
横で眠っていたひろを揺り起こした。
「苦しい・・・」

ひろは酔っ払っていて
「よしよし・・・目をつぶって、深呼吸・・・」
と、姫の頭を撫でただけで、起きてはくれなかったけれど。



・・・と、まぁ
今、激しく疲労している。

仕事はしばらくセーブする。
というか、ちょっと将来を考えてもいいかな。



もう、死んじゃうよ。これじゃ。


みなさま


なかなか書く気持ちになれなくて、
それから仕事が恐ろしく忙しくて全然更新できませんでした。

ご心配くださったみなさま、ごめんなさい。


姫とひろは、今も変わらず一緒にいます。
ここ数か月の間に、たくさん喧嘩もしましたが
今はたぶん、今までで一番安定した関係のような気がします。


また、おいおい書いて行きますが、
実は今、一人で「お部屋」で生活しています。
週の半分はひろが泊りに来ますけど・・・

家を飛び出したのが2月の下旬。

あ、家を出てきたのは、ひろのことが理由ではありません。


子供たちには「ママをやめる!」と宣言し、
夫には離婚届を置いてきました。

どうなることやら、とは思いますが、
夫も子供たちものんきで、今の状態がデフォルトになりつつあります。


家を飛び出した理由はひろとは無関係ですが、
結果として、飛び出せたのは、ひろが居てくれて
この「お部屋」があったから。


子供たちとはskypeで会話をしています。
離れてわかることが、あるのかなぁとも思います。

色々なことが重なって、今、この状況にあります。
仕事が忙しくて、ここ一か月お休みがないのも、
かえって、良かったかもしれません。
仕事に集中できましたから。

早く帰らなきゃ、ご飯作らなきゃ、買い物行かなきゃ・・・
そんなことを考えなくていいから。


今日も、忙しさは変わらないのですが、
ちょっと疲れて、久しぶりにここに来てみました。


来週の半ばには一旦仕事が途切れるので、
「連続して休みを取らせて欲しい。このままじゃ、死にます。」
と、社長に言いましたから、とにかく眠り続けようと思います。
睡眠導入剤と、睡眠を持続させるお薬をガツンと飲んで・・・