FC2ブログ

姫日記

恋する気持ちを持ち続けていたい姫の日記です。

「土曜日ね」
木曜日の夜の帰り際、玄関でNちゃんが言った。

「うん」

「土曜日はお昼ご飯は家で食べよう。
晩ご飯は外に食べに行こう」

「うん…分かった。なんで?」

唐突にそう言うので、
心がザワッとした。

「いや、べつに。大した意味はない。
だから昼は軽くていいから。」

「軽くて?」

「うん。素麺とか。夏は素麺だよ」

「うん…分かった」

Nちゃんは多くを語らない、説明しないので、
私もそれ以上は聞けない。


私の家でご飯を食べるのが嫌なのか、、
いや、嫌なら昼は軽くとは言わないだろう。
それとも、、、昼は外に行けない何か理由があるのだろうか。


そんなことを考えるともなく、考えて
モヤモヤとした数日を過ごした。


そして土曜日、
素麺ったって、さすがにそれだけじゃあ、と
金曜日の夜に、
油揚げを刻んで煮たりとか、
干し椎茸を甘辛く煮たりとか、
具材の支度をしておいた。

土曜日の朝には錦糸卵を作り、
きゅうり千切りして皿に盛り付けた。

正午ほんの数分前に、
シャトレーゼの袋を持ったNちゃんがうちに来た。
袋を当たり前のように冷蔵庫に仕舞い、
石鹸で手を洗うと、
キッチンに立つ私を後ろから抱きしめた。

「いいから、素麺投入して」

沸騰した鍋を指して言ったが、
彼の両手は私の胸を鷲掴みにしている。


ちょっとだけ豪華な素麺を食べ終えると、
Nちゃんは食器を全て下げ、片付けた。

食後はテレビを観ながらうたた寝タイム。
私を抱きしめ、背中をトントンしてくれるが、
先に寝息を立てるのは彼のほう。

そんなウトウトを繰り返し、
あっという間に夕方だ。

「晩ご飯はどうする?
夜、蛍を観に行こうと思って。」

「へー!どこに?」

「◯◯公園に」

「へー。そうなんだ、、」

「そう。
だから、今日は晩ご飯外に行きたかったんだよ。
家で食べると出掛けるの面倒くさくなると思ってさぁ」



なるほど!
そうなのか、、、、、
だったら、そう言ってよ、、、、


蛍を見に行くことをいつ決めたのか、
そのことを言わなかったのはサプライズのつもりだったのか、それは分からない。

やっぱり彼に確かめることは出来なかったから。



外で晩ご飯を食べて公園へ向かった。
駐車場に車をとめると、彼は
「ハイ」と私にボトルを差し出した。

虫除けスプレーだった。

「すごい!」

「蚊に刺されるの嫌だからさ」

虫除けスプレーまで準備していることに驚いた。


生憎、蛍はたくさん見られはしなかったが、
それでもフワ〜っと光る蛍に見惚れた。

「蛍、終了」

1時間ほどで、帰途について少しガッカリした。
もう20時を過ぎてる。
Nちゃんはこのまま私を降ろして帰るのだろう。

私の自宅の周りは一方通行だらけだ。
玄関で降ろす場合と、家に寄るために駐車場に車を入れるのとでは、進入経路が違ってくる。

彼は玄関コースではなく、駐車場コースを通り、
車をとめた。


再び私の家に帰ると、
Nちゃんは冷蔵庫からデザートを取り出したので、
私はアイスコーヒーを入れた。

30分ほどして、彼は立ち上がった。


「今日はありがとう。嬉しかった」
玄関でハグをしてバイバイし、見送った。


Nちゃんは多くを語らないが、
それでも色々と私のことを考えてくれているんだ、
と実感した。

考えてなければ、
わざわざ蛍なんて見に行かないだろう。
虫除けスプレーなんて用意してないだろう。

それが嬉しくて、
「ただいま、姫ちゃん!」
のメールに

もう一度
「今日はありがとう。嬉しかった」
と返した。
スポンサーサイト



先週、付き合って3年の記念にと、
Nちゃんと晩ご飯を食べた。
”肉を食べたい”というNちゃんの要望に合わせて、
少し前にオープンしたアメリカンダイニング。
肉々しいハンバーガーやステーキ、
フライドポテト…ハイカロリーの食事。

いつも、デートをする時の支払いは全てNちゃん。
そのことは常々、心苦しく思っていて、
チャンスがあれば、私が…と考えていた。

付き合い始めたころから、
Nちゃんが支払うことが当たり前で…
そもそも、Nちゃんが
どう考えているか分からないけれど。

割り勘することがどうも私にはできない。
支払ってもらって当たり前だとは、
決して思ってはいない。
思ってはいないが、
デートというシチュエーションで、
「私が払う」なり、「割り勘ね」というのが、
ちょっと”違う”と感じるのだ。

これは賛否両論あるだろうが、
単に、”奢られ慣れ”をしているわけでもない。

でも、常々心苦しいと思っていたし、
ほんの少し前にも夕食一緒にした
タイミングでもあったので、
「ここは私が」と、切り出そうと考えていた。

食事を終え、伝票を持って立ち上がった
Nちゃんを制して
「今日は私が払うね」と、会計をした。

「ご馳走さま」と、Nちゃんは
シンプルに言い、帰宅後のメールにも
「今日はご馳走さまでした。」とあった。

それが先週の火曜日のこと。

それから、私のバイオリズムが低下し始め、
毎晩、グズグズを言った。
「さみしい…」と。
「『仕方ない』と思うことが余計にさみしい」と。

仕方がないのに…

水曜日、木曜日と過ぎ、
バイオリズム低下のまま、金曜日を迎えた。
金曜日は週末ということもあって、
めちゃくちゃ忙しく、昼食をとる間もなかった。

18時を過ぎ、いつものように
Nちゃんから「仕事終わって、今から帰るね」
メールが届いた。

十数分して「ただいま」のメールのあとに、
こうあった。
「今夜、一緒に晩ご飯食べない?」

一瞬目を疑った・・・

翌日の土曜日にはデートをする約束をしている。
それがキャンセルになるのだろうか?

意図が分からないまま、
「どうしたの?」と返すと、

「こないだご馳走になったから」
と返ってきた。

「えーっ。いつもいつもいつも、
Nちゃんに支払ってもらってばかりだから、
だからなのに…」


真意がつかめないまま、
私のオフィスにお迎えに来てもらい、食事をした。
平日の夜の食事を、週に2回も。

「ご馳走してもらったから」って…
私が支払った意味ないじゃん!!


そう思う一方で、
これは何かのエクスキューズか?
明日のデートはなくなるのか?
何かあったのか?
といぶかしく思ったが、どうやら、何もなく。

食事をし、喫茶店でコーヒーを飲んで、
22時過ぎ、バイバイをした。
「Nちゃん、ありがとう。嬉しかった。」


Nちゃんは、私の頬を片手で包んで
抱き寄せながら、優しくこう言った。

「これで、少しは寂しくなくなった?」


そうか…
私が毎晩グズグズ言ってたからか。

Nちゃんの優しさが心に痛かった。

(もうグズグズするのは止めよう、
そう思うのに、止められない)

「姫ちゃん、誕生日おめでとう!
これで同い年になったね。」

少し前に誕生日を迎えたNちゃんに追いついた。



私はこの日、Nちゃんを喜ばせようと、
浴衣を来た。
朝からのお出掛けだったけれど。
紺の綿紅梅の古典柄の浴衣に、
麻の紺地の帯を締め、紅色の帯締めをして、
青いトンボ玉の帯留めをつけて。
大人の色気を出してみた…

「どうしたの?なんでまた?」

「Nちゃんが喜んでくれるかと思って。」

Nちゃんの反応は想像を下回って、
拍子抜けする くらいあっけない。

「嬉しくない?別に?」

「そんなことないよ。嬉しいよ。綺麗だよ。
でも、昨日、色々聞いてくるから、何だべ?
と思って、そういうことかなって思ってたから。」


そう、この日、どこに何をしにお出掛けするか、
私は知らされておらず、浴衣が適しているか
適していないかを確かめる必要があった。
だから、前夜に、遠回しにメールをした。
「明日って、どこかにお出掛けとか考えてる?」
「考えてるよ。」
「足元はヒールじゃないほうがいい?」

「う~ん…できれば。」

「そっかぁ、スニーカーじゃなくてもいいの?
山に登ったり、たくさん歩いたり
ハードなことする?」

「しないよ。少し歩くくらいかな。」

「ふーん…スカートでもいい?」

「いいよ。」

浴衣はサプライズにしたくて、
こんな質問攻めをしたのだ。
アハハ(^_^.)





「素敵だよ、姫ちゃん。」
「ありがとう。」

「姫ちゃん、ごめん!
プレゼント間に合わなかった…ごめん。」


プレゼントと一緒にお手紙もリクエスト
していたのだが、
両方とも先延ばしになってしまった。仕方ない…


高速道路をひた走り、向かっ たのは海。
新鮮な魚料理で人気のお店だった。
11時のオープンにもかかわらず、到着した
11時過ぎには満席、すでにお客さんで溢れていた。

小一時間待って、ようやくありついた海鮮丼。
これでもかというくらい、魚介がのっている。


海辺をドライブし、ちょっとした博物館に行き、
「ケーキを食べなきゃ…」と、
最後はケーキを買って、二人で食べた。

「姫ちゃん、誕生日おめでとう。
今日一緒に居られて良かったよ。」
そうして、土曜日はいつもの場所で
朝9時半に待ち合わせをした。
Nちゃんの車の助手席に乗り込むと
彼は「おはよう」と言いながら、
ギュッとハグして、キスをした。

「姫ちゃん、今日も綺麗だよ。」

「ありがとう。」

車をしばらく走らせて向かったのは
個人の車修理店。
若いお兄さんが一人でやっているらしい。

Nちゃんが声を掛けると、
オイルにまみれた手を丁寧に洗って
にこやかに挨拶するお兄さん。

「じゃあ、見てみますので、
ちょっと奥でお待ちください。」

事務所の中のソファに腰を掛けて
他愛ない話をした。
時刻はまだ10時を回ったところ。
こんな時間にNちゃんと一緒にいることが
嬉しくて嬉しくてたまらなかった。

Nちゃんがその若いお兄さんと
話をする姿を見ているのさえ嬉しかった。

お兄さんの接客はとても感じが良く、
丁寧な説明を受けて、お店をあとにした。
うまくいけば、修理代は4分の1ほどで
済むのではないかということだった。

「姫ちゃん、タイヤ屋さんにも行くよ。」
先週、タイヤを注文したんだった。
タイヤ屋さんは、生憎、先客がたくさんいて
混みあっている。

「先に お昼ご飯食べに行こっか。」

カジュアルなイタリアンでランチをし、
再び、タイヤ屋さんに戻った。
時刻はようやく12時を過ぎたところだ。
まだまだ時間はある。

タイヤを交換してもらう間、
のんびりとした時間が流れる。
私はNちゃんと一緒にいる・・・
たた待っているだけの時間だったけれど、
贅沢過ぎる時間でもあった。

無事にタイヤ交換を終え、
車に乗るとNちゃんは言った。
「姫ちゃん、どこに行く?」
(長文を書ききったのに、消えてしまって意気消沈orz)


土曜日は午前中からNちゃんとデートをした。
というのも・・・

先週、Nちゃんの愛車ゴルフの警告灯が点灯し、
一緒にディーラーに行った。
修理代が40万も掛かると見積もりが出され、
彼はネットでVW専門の修理屋さんを探した。
その車屋さんは私の自宅に近い所だという。

金曜日の夜、彼から電話があった。
「姫ちゃん、明日なんだけど・・・
姫ちゃん、お昼からじゃないとダメかな?」

「なんで?」

「明日朝10時に、例の車屋さんに行くんだ。
午前中のほうが都合がいいっていうから。」

「で、どうしたらいい?」

「もし、朝からでも良ければ、
一緒に行ってくれない?」

「もちろん!」


というわけで、土曜日はいつもの場所で、
午前9時半に待ち合わせをした。
Nちゃんと朝から逢うのは初めてだ。
(一日、お出掛けをしたいという私のお願いで、
平日に休みを取ってデートしたことは除く。)


いつも、土日のうちのどちらかの午後、
彼は私のために時間を作ってくれる。
前に、
「朝から逢いたい。そして遠くに出掛けたい」
と、お願いしたら、彼はこう答えた。

「休みの日は家のことしないと・・・」

いつもいつもじゃなくていい、
たまには朝から時間を作って欲しいと
お願いした私に、そう答えた彼。
ものすごくガッカリしたが、
彼は規則正しい生活を送っている人だから、
生活のリズムを変えたくないのだろうと、
仕方なく納得していたことを思い出す。



・・・なんだ、朝から出掛けられるんじゃん!!


そう思わないでもなかったが、
でも、彼も、きっと私と逢う時間を作るために、
一番いい方法を考えて、そうしたに違いない。
車屋さんにも行きたい、姫ちゃんにも逢いたいと。

だから、私は素直に喜ぶことにした。